君の名は 動画 映画 無料 フル動画サイトのu-next7/26配信!

『君の名は。』U-NEXTで2017年7月26日(水曜日)より配信決定!

2016年8月26日より全国東宝系公開され、世界中で大ヒットした『君の名は。』が早くもU-NEXTで動画配信が決定しました。

聖地巡りで、中国や韓国、台湾などからもたくさんの巡礼者が訪れるなど、話題になった映画ですね。

主人公・立花瀧の声を演じた神木隆之介さんは『3月のライオン』でも主演されています。

もう1人の主人公・宮水三葉を演じた上白石萌音さんは『溺れるナイフ』で第26回日本映画プロフェッショナル大賞の新進女優賞を受賞されました。

ますます活躍が期待されるお2人ですね。

『君の名は。』を映画館で見られた方も、行きそびれてしまった方もU-NEXTでお楽しみいただけます。

『君の名は。』が見れるVODサービス

U-NEXT

 

 

U-NEXTは120,000本以上の作品が配信されています。

洋画、邦画、国内ドラマ、海外韓国アジアドラマ、アニメ、キッズドキュメンタリーやコミック、ミュージックなどバラエティ豊富なラインナップです。

話題の最新作から、不屈の名作までいつでもご覧いただけます。

各ジャンルのプロが選んだ、1,000本を超える特集もあります。

数ある作品の中から見たい作品だけでなく、思いがけない作品にも出会えたりする楽しみもありますね。

レンタル開始同時配信や放映中ドラマや過去の名作まで揃っています。

電子書籍は200,000冊以上のラインナップで、最新の雑誌、コミック、書籍が楽しめます。

ご利用できるデバイスはテレビ、パソコン、タブレット、スマートホン、ゲーム機です。

対応されてないテレビでご覧になるには、Chromecast、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Air Stickなどの機器を接続すると視聴可能になります。

またU-NEXT TVをテレビとインターネットにつなげると、好きな時間に好きな作品をご自身で選んで楽しむことができます。

スマホやタブレットでご利用されるときはダウンロードしておけば地下鉄などのネットワークが安定しない場所や、飛行機などインターネットが使えない環境でも使えます。

書籍もダウンロード視聴でき、目次はお好きなところから、しおりは前回の続きから読む機能もあり便利です。

ダウンロード可能作品は1度ダウンロードすれば通信費の心配やネット環境も気にしなくて見ることかできます。

画像は【高画質フルHD】に対応していて、とてもきれいです。

U-NEXTには31日間無料お試しできるキャンペーンがあります。

登録時にもらえる600ポイントを使えば新作や準新作もご覧になれます。

U-NEXTの31日間無料お試しキャンペーンには下記からいけます。

 

31日間無料お試しキャンペーンのU-NEXT

 

 

『君の名は。』キャスト(声優)

立花瀧(神木隆之介)

宮水三葉(上白石萌音)

奥寺ミキ(長澤まさみ)

宮水一葉(市原悦子)

宮水四葉(谷花音)

宮水 俊樹(てらそままさき)

宮水二葉(大原さやか)

勅使河原克彦(成田凌)

名取早耶香(悠木碧)

ユキちゃん先生(花澤香菜)

藤井司(島﨑信長)

高木真太(石川界人)

『君の名は。』スタッフ

監督:新海誠

脚本:新海誠

原作:新海誠

製作:川村元気

武井克弘

伊藤耕一郎

製作総指揮:古澤佳寛

『君の名は。』音楽

音楽::RADWIMPS

「夢灯籠」

「前前前世」

「スパークル」

「なんでもないや」

『君の名は。』あらすじ

東京に暮らす男子高校生・立花瀧(神木隆之介)は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉(上白石萌音)と体が入れ替わっていました。

2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごします。

入れ替わりの頻度が増え、2人はスマホの中で日記を残しあいます。

ある日突然入れ替わりがなくなり、三葉(上白石萌音)はスケッチだけを頼りに飛騨に向かいます。

『君の名は。』見た方の感想

20代後半 女性 大阪

正直男女の入れ替わりはよくある設定なのであまり期待はしていなかったのですが、見終わったあとには感動していました。

前半は2人がいれ変わってどたばたして楽しいテンポですすんでいくのですが、だんだんとシリアスな展開になっていきそのギャップもこの映画の魅力の1つだと思います。

特に印象に残っているシーンが2つあり、1つはみつはが東京にいるたきに会いに行き、勇気を振り絞って電車で声を掛けるのですがたきにとっては知らない人なのでそっけない反応をされてしまうシーンです。

みつはの、たきに会えると思って期待していた気持ちやどきどきを考えるとあのシーンはすごく切なかったです。

もう1つはみつはの手のひらにたきが好きと書いていたシーンです。

手のひらにたきの名前が書いていると思いきや、なんと告白の台詞が書かれていたなんて予想を完全に裏切られました。

あそこで一番胸がときめき、きゅんとしてしまいました。

たきもみつはもすごく素直でまっすぐで途中からは真剣に2人のことを応援していました。

また最後まで決して諦めない2人の姿に勇気をもらいました。

音楽や映像の美しさも魅力だとは思いますが、この映画がこんなに話題になったのは偏に2人のまっすぐさと一生懸命さに心を動かされたからではないかと思います。

見て良かったなと心から思える映画でした。